拙著『マイホーム建築の罠』を出版して多くの方に支持をいただくことができました。
特に増刷後は販売数が以前より増えた気がします。

アマゾンでの評価も良い評価ばかりいただいていました。
皆さんの支援に感謝しております。ありがとうございます。

先日はじめてネガティブコメントが入りました。星1つです。
私は「ついに来たか」と思いました。
私の本が広まったら困る悪徳業者は多いですから、良い評価ばかり続くはずがないと考えていたからです。
残念ながら、このコメントが入ってから売れ行きが若干下がりました。

こんな書き込みです。

>最初からそれを詳細な見積もりにしてしまってもどんどん変更になっていきます、そうするとほんのちょっとした変更に対しても全てお金の増減が発生し、それをいちいち見積りに反映するHMの手間とチェックする施主の手間はそれこそ膨大なものになると思います。

これこそ悪徳業者が言いそうなことですね。
見積書に関する私の主張は法律に基づいているものです。根拠なしに主張している訳ではありません。
でもこの方はそれ一切言わないため、私が理不尽な要求を押し付けている印象となっています。
途中経過はともかく、最後の見積書で明細がなければチェックのしようがありませんよね。
一般の施主さんが本気で信じているなら残念なことです。

>この本はHMは性悪説ですね、そんなにHMを信頼できないのなら目で見て確かめられる建売を買うべきです。注文住宅はそれこそほんとに多数の人の力によって作られていきます、性善説で考えないと注文住宅なんて難しいのではないかと思います。

法律をきちんと守る良心的な業者には性善説で良いでしょうが、法律さえ守らない業者に対して、どうして性善説で対応できるのでしょう。お読みの方も不自然に感じたかもしれません。

メディアの情報もそうですが、すべての情報は自分で精査すべきです。
何が正しいのか、何が間違っているのかをご自分で判断してほしいです。
私はそのお手伝いとして個別相談で住宅建築の情報と証拠もご説明しています。
その情報と業者さんの情報とを合わせて正しい判断をしていただければと思います。

他では知り得ない住宅建築の情報が聞きたい方はぜひ個別相談にお越しください。
読んでくださってありがとうございました。

公式サイトへ
個別相談へ
以前のコラムへ