私は以前からこの問題を取り上げておりますが、このところやっとメディアでも取り上げるようになってきました。

手口は簡単です。
長期の家賃保証を歌ってアパート経営を提案し、家賃収入が少なくなったら補償額を引き下げる。
自分たちはアパート建築費用とメンテナンス費用をバカ高にして儲ける。という手口。

一般の人は「上場企業だし、長期家賃保証だから安心だ」と安易に契約してしまいます。
しかし住宅メーカーやこうしたアパート建築会社は上場企業だということと信頼できることには何の関係もありません。

被害者の方は本当にお気の毒というしかありません。
宮城県にお住まいでしたら私たちがお役に立ちますが、それが私たちの限界です。

ただアパート経営は立派な仕事です。
だから誰かに依存するのではなく自分でしっかり考えることが必要です。

安易に営業マンの提案に乗るのではなく自己責任で考えることも大事なことです。

本当にアパート経営をしたいなら安くて良い業者を探すべきです。
そうすればこんな悪徳企業で立てるよりもびっくりするほど安い金額で建てられます。

立地条件の良い土地を持っていれば年利15%以上で回ってもおかしくはありません。

これからアパート建築をする人も、自分の家を建てる人も莫大な買い物ですから十分に調査をすることをおすすめいたします。

公式サイトへ

個別相談へ
以前のコラムへ