今日は住宅ローンが払えなくなったらという話を突っ込んでしてみたいと思います。

だれもが住宅ローンが払えなくなった時のなど考えたくないですね。
でも少人数ながらそんな状態になる方もいます。
法律的に言うと、担保となっている家は競売にかかります。

競売で売れたら、家を引き渡して引っ越し、競売の代金はローン残債に充てられます
アメリカなどではノンリコースローンと言って、家を売ればローンがなくなる制度の国もあるのですが、残念ながら日本にはありません。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

ですからローン残債が残れば残債の請求が来ます。
家がないのに住宅ローンだけ残るのですから、ひどい話です。
これが一般的法律論による住宅ローンが支払えない時の状態です。

しかし正しい知識を持っていれば、これほどひどくならずに済むのをご存知でしょうか?
今日は法律を超越した裏の話をします。

実はいくつかの逃げ道があります。
まず支払えなくなった時に使える手としては銀行に相談するという手があります。
銀行はあなたから家を取り上げたいわけではありませんから、前もって相談することで支払額を下げたり金利の見直しをしたり支払額を一時期猶予してくれたりすることもあります。
仙台は震災の時にそうした例がたくさんありました。

次に競売に掛かる前に任売を選ぶことも可能性として残っています。
任売なら買い手を設定できますので、知り合いに買ってもらって、そのまま借りてすむことが可能です。
そして時期が来たら買い戻せばいいのです。

競売にかかり、家が取られたとしてその後にローン残債の請求が来たとします。
ではこれは逃げられないのでしょうか?

今回の話のメインテーマなのですが、実はここにも逃げ道があります。
ちょっとここで全てを話しのは気がひけるのですが、残債の引き下げ交渉ができる場合があるんです。

残債は銀行が取り立てに来るわけではありません。
サービサー会社という債券を買取った会社が請求に来ます。

彼らは債券をとても安い価格で買い取っていますので、彼らから債権を安く買い取ることに成功する可能性があります。(サービサー会社から1億円の債券を軽の中古車1台分の価格で買い取った例を聞いたことがあります)
他にも時効の援用や少額の支払いが使える場合もあります。

詳しく聞きたい人は個別相談で聞いてみてくださいね。

今日は以上です。
ありがとうございました。

個別相談はこちらです。今なら施工チェックシート(定価5,800円)をプレゼント中