消費生活アドバイザー資格というのは平たく言うと消費者センターに消費生活相談員として勤務するための資格です。これに合格しますと消費生活相談員資格も取得することができます。

試験は消費者のための行政・法律知識や経済知識の習得を確認する内容となっており、範囲がとても広いためそこそこ難しいです。

このNPO法人でも消費者問題を扱うので、私たちが必要な知識を持っていることを証明するために受験しました。
1次試験は知識の確認で、2次試験は論文ですが、2次はわざわざ東京まで行かねばなりません。
消費者センターに勤務するつもりはないので2次試験は受けませんでした。1次合格で十分です。

というわけで住宅のトラブルが起こったら相談にお越しください。
必要なら弁護士や他の士業の先生をご紹介することもできます。
これからもよろしくお願いします。

個別相談はこちらです。今なら施工チェックシート(定価5,800円)をプレゼント中

消費者アドバイザー試験

公式サイトへ
個別相談へ
以前のコラムへ